コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠山政亮 とおやま まさすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠山政亮 とおやま-まさすけ

1625-1693 江戸時代前期の大名。
寛永2年生まれ。内藤忠興(ただおき)の3男。寛文10年陸奥(むつ)平藩(福島県)藩主の父から1万石を分与され,遠山姓を名のり陸奥湯長谷(ゆながや)藩(福島県)藩主遠山家初代となる。延宝8年増上寺で刃傷事件をおこした内藤忠勝をとり押さえる功をたてる。大番頭(おおばんがしら),大坂定番をつとめ,加増されて1万5000石となった。元禄(げんろく)6年11月7日死去。69歳。初名は頼直(よりなお)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

遠山政亮の関連キーワード遠山政徳湯長谷藩遠山頼直

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android