コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤忠勝 ないとう ただかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤忠勝 ないとう-ただかつ

1654-1680 江戸時代前期の大名。
承応(じょうおう)3年生まれ。内藤忠政(ただまさ)の子。寛文13年志摩(三重県)鳥羽藩主内藤家3代となる。延宝8年江戸増上寺での4代将軍徳川家綱の法会で乱心,おなじ警備役の丹後(京都府)宮津藩永井尚長(なおなが)を殺す。同年6月27日切腹を命じられ,内藤家は断絶した。27歳。通称は左兵衛

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤忠勝の関連キーワード赤穂浪士一覧遠山政亮櫛羅藩永井氏承応

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android