コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤忠勝 ないとう ただかつ

1件 の用語解説(内藤忠勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤忠勝 ないとう-ただかつ

1654-1680 江戸時代前期の大名。
承応(じょうおう)3年生まれ。内藤忠政(ただまさ)の子。寛文13年志摩(三重県)鳥羽藩主内藤家3代となる。延宝8年江戸増上寺での4代将軍徳川家綱の法会で乱心,おなじ警備役の丹後(京都府)宮津藩主永井尚長(なおなが)を殺す。同年6月27日切腹を命じられ,内藤家は断絶した。27歳。通称は左兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

内藤忠勝の関連キーワード万霊光誉植村家敬片桐為元金道(2代)九鬼隆久永井尚長西尾忠照松平乗春水野元知渡辺方綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone