内藤忠勝(読み)ないとう ただかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤忠勝 ないとう-ただかつ

1654-1680 江戸時代前期の大名。
承応(じょうおう)3年生まれ。内藤忠政(ただまさ)の子。寛文13年志摩(三重県)鳥羽藩主内藤家3代となる。延宝8年江戸増上寺での4代将軍徳川家綱の法会で乱心,おなじ警備役の丹後(京都府)宮津藩永井尚長(なおなが)を殺す。同年6月27日切腹を命じられ,内藤家は断絶した。27歳。通称は左兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android