コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠遊 エンユウ

デジタル大辞泉の解説

えん‐ゆう〔ヱンイウ〕【遠遊】

[名](スル)
故郷を離れて遊学すること。
「―して泰西に学び」〈雪嶺・偽悪醜日本人〉
遠くへ出かけること。
「妹達を背中に縛りつけられ、―をしたこともあったが」〈秋声縮図

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の遠遊の言及

【遠泳】より

…水泳が武術の一つとして発達した日本では,遠泳は通常,組織的に隊列を組み,海,湖,沼などで遠距離を泳ぐ行事であった。古くから日本泳法の各流派において遠潮(えんちよう)(神伝流),遠遊(とおおよぎ)(神伝流,河井流など),長泳(ながおよぎ)(能島流)などといって遠距離水泳が行われたようであるが,正確な記録はない。1856年(安政3)の伊勢湾横断大渡りが文献に記録されている。…

※「遠遊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

遠遊の関連キーワード本朝高僧伝斎藤茂吉浩然の気池大雅メジナ海若楚辞遊仙

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android