遠隔地保存(読み)えんかくちほぞん(英語表記)remote storage

図書館情報学用語辞典の解説

遠隔地保存

利用の少ない資料を書架から除き,図書館から離れた場所にある保存書庫,あるいは,保管倉庫会社に移送して保管すること.遠隔地保存される資料は,刊行年によって区切る場合が一般的である.また,集密書架が用いられることが多い.遠隔地の資料へのアクセスは,直接に利用者が出向く場合と,資料請求が生じた段階で出庫を依頼し,郵送,または配送業者に依頼して回送し,利用に供する場合がある.回送し,利用された資料は,再度,保存書庫に移送するが,移送せずそのまま残して,復帰させることもある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android