コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遡上高 ソジョウコウ

デジタル大辞泉の解説

そじょう‐こう〔ソジヤウカウ〕【遡上高】

津波が、海岸から内陸へかけ上がるときの高さ。
[補説]気象庁の津波情報で発表される「津波の高さ」は、海岸線の検潮所における測定値で、平常時の潮位との差を示す。遡上高はその等倍から4倍程度になるとされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

遡上高の関連キーワード十勝沖地震(2003年9月の)東北地方太平洋沖地震明治三陸沖地震雲仙岳眉山崩壊昭和三陸津波東日本大震災明治三陸津波海岸線気象庁補説津波

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遡上高の関連情報