コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検潮所/験潮所 ケンチョウジョ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

検潮所
けんちょうじょ
tidal station

潮汐(ちょうせき)などによる海面の昇降を観測する施設。観測機関によっては験潮所、験潮場、量水標などともいう。通常は、海岸付近に検潮小屋を建て、その中に井戸を掘り、深部に導水管を取り付けて外海と通じる。井戸内の水位が外海の潮位変化につれて変動するので、その高さを検潮儀で連続的に観測する。立地条件によっては、海中に建てる場合や、井戸を必要としない方式を採用することがある。過去には、現地で潮位を適当に縮尺して、記録紙上に自動記録していたが、現在では、データ変換・伝送機器を取り付けて、遠隔地で記録する方式が多く使われている。
 潮汐を観測する測器を検潮儀(検潮器、験潮儀)tide guageといい、浮き式(フロート式)、超音波式、水圧式などがある。広く使用されている浮き式検潮儀は、細いワイヤーで吊った浮きを海面に下ろし、浮かべた浮きの上下動をワイヤーの長さ変化で測定する。超音波式では、海面上にのばしたアームまたは海底に固定したセンサー部から超音波パルスを発射し、海面で反射して戻ってくるまでの所要時間から、海面の高さを測定する。水圧式検潮儀は、水圧センサーを海底に固定し、潮位の変化による水圧変動を陸上で記録する。[岡田正実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

検潮所/験潮所の関連キーワード検潮器遡上高水準点潮汐表油壺

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android