コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハル

デジタル大辞泉の解説

はる【×遥】

[形動ナリ]遠くまで眺望が開けているさま。はるか。多く「目もはるに」の形で「芽も張る」の意にかけて用いている。
「紫の色濃き時は目も―に野なる草木ぞわかれざりける」〈伊勢・四一〉

よう【遥〔遙〕】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ヨウ(エウ)(呉)(漢) [訓]はるか
はるかに遠い。「遥遠遥拝
さまよう。ぶらつく。「逍遥(しょうよう)
[名のり]すみ・とお・のぶ・のり・はる・みち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はる【遥】

( 形動ナリ )
はるかに見渡せるさま。「目もはるに」の形で、「芽も張る」とかけて用いられる。 「めも-に野なる草木ぞわかれざりける/古今 雑上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遥の関連キーワード映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!unplugged~アンプラグド~放課後ミッドナイターズフリーター、家を買う。空から降る一億の星高原へいらっしゃい1年B組新八先生トウキョウソナタバイロケーション風子のラーメングランゾートガラスの家沢村宗十郎はるとくん種田山頭火白無垢鉄火夢ひとすじ流星ワゴン池田遥夏山本竹石

遥の関連情報