(読み)ハル

デジタル大辞泉の解説

はる【×遥】

[形動ナリ]遠くまで眺望が開けているさま。はるか。多く「目もはるに」の形で「芽も張る」の意にかけて用いている。
「紫の色濃き時は目も―に野なる草木ぞわかれざりける」〈伊勢・四一〉

よう【遥〔遙〕】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ヨウ(エウ)(呉)(漢) [訓]はるか
はるかに遠い。「遥遠遥拝
さまよう。ぶらつく。「逍遥(しょうよう)
[名のり]すみ・とお・のぶ・のり・はる・みち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はる【遥】

( 形動ナリ )
はるかに見渡せるさま。「目もはるに」の形で、「芽も張る」とかけて用いられる。 「めも-に野なる草木ぞわかれざりける/古今 雑上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遥の関連情報