(読み)ハル

デジタル大辞泉「遥」の解説

はる【×遥】

[形動ナリ]遠くまで眺望が開けているさま。はるか。多く「もはるに」の形で「も張る」のにかけて用いている。
の色濃き時は目も―になる草木ぞわかれざりける」〈伊勢・四一〉

よう【遥〔遙〕】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ヨウ(エウ)(呉)(漢) []はるか
はるかに遠い。「遥遠遥拝
さまよう。ぶらつく。「逍遥しょうよう
[名のり]すみ・とお・のぶ・のり・はる・みち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android