選・撰(読み)せん

精選版 日本国語大辞典「選・撰」の解説

せん【選・撰】

〘名〙
① えらぶこと。多くの中からよりぬくこと。
※正法眼蔵(1231‐53)礼拝得髄「まことに非細の職にあらざれども、選にあたらん自己としては自愛しつべし」
※入れ札(1921)〈菊池寛〉「選に洩れた連中と」 〔春秋左伝‐襄公九年〕
② 律令的官制で、所定の勤務成績をあげた官吏をえらんで叙位すること。
※続日本紀‐慶雲三年(706)二月庚寅「制七条事。准令。諸長上官遷代。皆以六考限。余色得選。色別加二考。以十二考選限
③ 律令制で、人格・能力・業績にしたがって官職を授けること。
※令義解(718)選叙「凡応選者。皆審状迹。〈謂。考中功過。謂之状也。履行善悪。謂之迹也〉銓擬之日。先尽徳行。徳行同。取才用高者。才用同。取労効多者
⑤ 「せんきょ(選挙)」の略。「総裁選

せん‐・する【選・撰】

〘他サ変〙 せん・す 〘他サ変〙 (「せんずる」とも) 多くの中から目的にあったものをえらびとる。
※史記抄(1477)一二「精(しらけたる)とは米子をしらぐるやうに、兵を選するを云ぞ」

より【選・撰】

〘名〙 (動詞「よる(選)」の連用形の名詞化) 選び出すこと。多くの中からあるものを選ぶこと。よりわけること。選択。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「大束がなんなら、此下に小束もありやす。皆おめへ、撰(ヨリ)だあ。孰にしなさる」

せん‐・す【選・撰】

〘他サ変〙 ⇒せんする(選・撰)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android