コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝子組み換え作物 いでんしくみかえさくもつ genetically modified crop (GM crop)

2件 の用語解説(遺伝子組み換え作物の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

遺伝子組み換え作物

植物細胞に外来遺伝子を導入したトランスジェニック植物のうち、作物として利用されているもの。まず作物に付与したいと考える特徴(例えば除草剤耐性や害虫抵抗性など)を生み出す遺伝子DNAを自然界から探し出すか、化学合成する。目的の遺伝子DNAが得られれば、組み換えDNA技術を用いて、組み換えDNA分子を作製し、作物の細胞に入れ、その細胞を培養し、植物体に成長させる。さらに交配などにより、遺伝的に安定にした新品種(=遺伝子組み換え作物)を得る。遺伝子組み換え作物では、様々な安全性試験が行われ、環境に対してや、飼料や食品としての安全性が確認されたのちに、実用化される。2006年7月現在、厚生労働省による安全性審査が終了した遺伝子組み換え作物は58品種。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

遺伝子組み換え作物

英語でGeneticallyModifiedOrganism(GMO)。最近はGEOとも言う。EはEngineered。細菌などの遺伝子を導入して除草剤や害虫に抵抗性を持たせた植物。農薬を減らせる。今年から米国で栽培が始まったビート(砂糖大根テンサイ)はすでに作付面積の6割がGMだ。日本では厚生労働省が食品として88品種の安全性を確認したが、消費者団体の反対などで商業栽培はまだだ。

(2008-11-04 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺伝子組み換え作物の関連キーワードプロトプラストノックアウトマウストランスジェニックマウス遺伝子導入トランスジェニック生物トランスジェニック動物コトランスフェクション同時形質導入トランスジェニック植物ES細胞とiPS細胞

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遺伝子組み換え作物の関連情報