コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝子診断の問題点 いでんししんだんのもんだいてん

1件 の用語解説(遺伝子診断の問題点の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

いでんししんだんのもんだいてん【遺伝子診断の問題点】

 遺伝子検査が発達し、遺伝子の異常でおこる病気の診断ができるようになりました。保因者(ほいんしゃ)(劣性遺伝子をもっていて、発症しない人)かどうかの診断(保因者診断)や、保因者や患者さんが妊娠した場合、おなかの赤ちゃんが病気かどうかの診断(出生前診断)もできます。
 成人してから発症する遺伝子異常の病気でも、胎児期(たいじき)や出生時の診断が可能ですから、赤ちゃんのその後の運命を変えてしまう恐れもあります。
 したがって、遺伝子診断無制限に行なうことには、倫理的な問題があります。
 日本では、胎児に病気があるという理由で人工中絶はできませんから、法的にみれば出生前診断は無意味ともいえます。しかし、遺伝のことで悩んでいる人も多いと思われます。そうした人は、ぜひ、専門医に相談してください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

遺伝子診断の問題点の関連キーワード構造遺伝子調節遺伝子ラス癌遺伝子遺伝子座KRAS遺伝子検査モザイク遺伝子ラス遺伝子原がん遺伝子cdc遺伝子重複(遺伝子の)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone