コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝子診断の問題点 いでんししんだんのもんだいてん

家庭医学館の解説

いでんししんだんのもんだいてん【遺伝子診断の問題点】

 遺伝子検査が発達し、遺伝子の異常でおこる病気の診断ができるようになりました。保因者(ほいんしゃ)(劣性遺伝子をもっていて、発症しない人)かどうかの診断(保因者診断)や、保因者や患者さんが妊娠した場合、おなかの赤ちゃんが病気かどうかの診断(出生前診断)もできます。
 成人してから発症する遺伝子異常の病気でも、胎児期(たいじき)や出生時の診断が可能ですから、赤ちゃんのその後の運命を変えてしまう恐れもあります。
 したがって、遺伝子診断無制限に行なうことには、倫理的な問題があります。
 日本では、胎児に病気があるという理由で人工中絶はできませんから、法的にみれば出生前診断は無意味ともいえます。しかし、遺伝のことで悩んでいる人も多いと思われます。そうした人は、ぜひ、専門医に相談してください。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone