コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝子診断 いでんししんだんgene diagnosis

翻訳|gene diagnosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遺伝子診断
いでんししんだん
gene diagnosis

遺伝子の欠損や異常などにより生じる遺伝子病を発見するために行なわれる診断方法。 DNAプローブを用いて染色体上の異常遺伝子を検出する方法が一般的であるが,最近,DNA合成酵素を利用したポリメラーゼ・チェイン・リアクション (PCR) が開発され,非常に高感度な診断が可能となってきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いでんし‐しんだん〔ヰデンシ‐〕【遺伝子診断】

遺伝子を調べて、ある病気の発病の可能性、医薬品の適合性などを診断すること。DNA診断

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

遺伝子診断【いでんししんだん】

遺伝子DNA)のうち,病気特有のDNA配列の有無を確認する診断法。これによって胎児期から遺伝性疾患の診断が容易に,かつ正確に行えるようになり,また,将来かかりやすい病気の診断も可能になった。
→関連項目出生前診断

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遺伝子診断
いでんししんだん

特定遺伝子の有無や遺伝子の異常から病気を診断する手法。遺伝子の異常で起こる病気は約4000種もあるといわれるが、本人の細胞の遺伝子(DNA)配列を調べることで、早期かつ確実に診断ができる。また、羊水の胎児細胞から、血友病筋ジストロフィー症、フェニルケトン尿症、嚢(のう)胞性線維症、ハンチントン病など数十の病気の出生前診断や性別判定が可能になっている。直接の遺伝病でなくても、癌(がん)などのように、なりやすい傾向や体質などと関連する遺伝子がある病気では、将来の発病の可能性を確率的に診断できる。また、特定のウイルスや菌特有の遺伝子を調べて、患者が感染しているかどうかの診断も行うことができる。遺伝子診断は、遺伝子の特定配列を自動的に増幅するPCR法の出現で簡略化されて、急速に実用化が進んだ。ただし、出生前診断が妊娠中絶に直結しやすいことや、将来の発病可能性による差別など、遺伝子診断とその影響を、倫理面から懸念する声もある。[田辺 功]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

遺伝子診断の関連情報