出版者(読み)しゅっぱんしゃ

図書館情報学用語辞典の解説

出版者

出版物の刊行に責任をもつ個人または団体”(『日本目録規則1987年改訂3版』用語解説).出版活動は,営利を目的として出版物の製作や販売に携わる商業出版社のほか,官公庁や各種団体でも行われる.また,個人で私家版を刊行する場合がある.これらの状況に対応するため,書誌記述においては,「出版社」ではなく,「出版者」という表記を採用している.なお,近代的な出版,流通制度が確立しておらず,狭義の出版機能と製作機能とが混在している場合には,後者の機能を果たしている個人または団体をも出版者として扱う.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内の出版者の言及

【出版】より

…その間,印刷以前の時代にも,写本の生産,販売,仲介を行う本屋が発生したし,中世以降になると,中国,朝鮮,日本における木版印刷技術の進歩,ヨーロッパにおけるグーテンベルクの活版印刷術の開発によって,出版活動は盛んになったが,出版が不特定多数の読者に対して,見込生産と宣伝,販売を大量かつ積極的に行うという意味で,近代出版に脱皮するのは,社会の近代化の過程においてであり,とくに大衆社会の出現によってである。したがってイギリスで出版者(パブリッシャーpublisher)という言葉が定着したのは近々18世紀のことであり,それまでは本屋(ブックセラーbook‐seller,あるいはステーショナーstationer)と呼ばれるのが一般的であった。日本においても,江戸時代までは本の生産,販売に当たる者が〈物の本屋〉と呼ばれていたのに対応している。…

※「出版者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出版者の関連情報