コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺偈 ユイゲ

デジタル大辞泉の解説

ゆい‐げ【遺×偈】

禅僧が末期(まつご)に臨んで門弟後世のためにのこす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆいげ【遺偈】

高僧が死に臨んで、自己の感懐、信仰の根幹、弟子・後世への教訓などを記した偈。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の遺偈の言及

【墨跡】より

…入宋,入元した日本僧が参学の証拠として競って持ち帰ったため,現存墨跡中に多い。(d)遺偈(ゆいげ) 禅僧が死の直前に,最期の心境を吐露した絶筆の偈頌。後世になると遺偈を残すことが慣例化し,つねに用意を怠らなかったという。…

※「遺偈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

遺偈の関連キーワード千宗左(7代)大徳寺文書常盤山文庫古田 紹欽儀山善来華叟宗曇円爾弁円書の鑑賞一山一寧正受庵道元禅僧感懐根幹弟子教訓信仰高僧墨跡

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遺偈の関連情報