遺偈(読み)ユイゲ

大辞林 第三版の解説

ゆいげ【遺偈】

高僧が死に臨んで、自己の感懐、信仰の根幹、弟子・後世への教訓などを記した偈。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐げ ヰ‥【遺偈】

〘名〙 臨終のとき、あとに残す偈(げ)。多く禅僧が行なうもの。ゆいげ。
※空華日用工夫略集‐嘉慶二年(1388)四月三日「衣鉢侍者咨曰、可遺偈否」
※死について(1956‐57)〈唐木順三〉一「庫から正受老人の遺偈(イゲ)の軸をもちだしてきて」

ゆい‐げ【遺偈】

〘名〙 =いげ(遺偈)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の遺偈の言及

【墨跡】より

…入宋,入元した日本僧が参学の証拠として競って持ち帰ったため,現存墨跡中に多い。(d)遺偈(ゆいげ) 禅僧が死の直前に,最期の心境を吐露した絶筆の偈頌。後世になると遺偈を残すことが慣例化し,つねに用意を怠らなかったという。…

※「遺偈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android