コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺言検認 いごんけんにんprobate

翻訳|probate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遺言検認
いごんけんにん
probate

遺言の形式その他の状態を調査,確認することによって,遺言書の偽造,変造を防止し,その保存を確実にするために行われる一種の検証手続。遺言書の保管者は,相続開始後,遅滞なく,家庭裁判所に対して,遺言書の検認を請求しなければならない (民法 1004,家事審判法9条1項甲類 34) 。検認を経ないで遺言を執行すると,過料に処せられる (1005条) 。しかし,検認は検証手続にすぎないから,検認を経たからといって遺言の有効性が判定されるわけではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

遺言検認の関連キーワード公正証書遺言シューアル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android