遺言検認(読み)いごんけんにん(英語表記)probate

翻訳|probate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遺言検認
いごんけんにん
probate

遺言の形式その他の状態を調査,確認することによって,遺言書の偽造,変造を防止し,その保存を確実にするために行われる一種の検証手続。遺言書の保管者は,相続開始後,遅滞なく,家庭裁判所に対して,遺言書の検認を請求しなければならない (民法 1004,家事審判法9条1項甲類 34) 。検認を経ないで遺言を執行すると,過料に処せられる (1005条) 。しかし,検認は検証手続にすぎないから,検認を経たからといって遺言の有効性が判定されるわけではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android