コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検認 ケンニン

デジタル大辞泉の解説

けん‐にん【検認】

検査してから認定すること。
家庭裁判所が、遺言書の存在および内容を確認するために調査する手続き。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんにん【検認】

検査して認めること。
〘法〙 家庭裁判所が、偽造・変造・隠匿を防ぐため、遺言書の存在および形式について調査する手続。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の検認の言及

【遺言】より

…ここに〈確認〉とは,それが遺言者の真意に出たものであるかどうかの判定であり,家庭裁判所の審判として行われる(家事審判法9条1項甲類33号)。しかし,確認をえたことは,その遺言が有効であることを意味するものではなく(1925年の大審院判決),また,その執行に際しては,さらにのちに述べる家庭裁判所の〈検認〉を受けることを必要とする。これらのことは注意を要する点である。…

※「検認」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

検認の関連キーワード米韓合同軍事演習遺言(いごん)秘密証書遺言自筆証書遺言公正証書遺言相続と遺言シューアルソリシター遺言の種類家事審判遺言検認保障措置家事事件核査察形式偽造隠匿変造

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

検認の関連情報