コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遼三彩 りょうさんさいLiáo sān cǎi

世界大百科事典 第2版の解説

りょうさんさい【遼三彩 Liáo sān cǎi】

中国の東北部に建国した契丹族ので焼造された三彩陶器。遊牧民族である契丹族は,むろん製陶業はもたなかったが,国家意識に目覚めて916年に建国すると中国文化の摂取につとめ,文化向上につとめ華北陶工領内に拉致してをきずかせた。遼寧省赤峰市に近い乾瓦(かんが)窯はその代表的な窯であり,ここで遼三彩は焼造された。その創始は遼後期の1060年代からであるが,単色の緑釉陶と褐釉陶はすでに10世紀に焼造していると思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

遼三彩の関連キーワード林東土城跡唐三彩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android