コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遼三彩 りょうさんさい Liáo sān cǎi

1件 の用語解説(遼三彩の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りょうさんさい【遼三彩 Liáo sān cǎi】

中国の東北部に建国した契丹族の遼で焼造された三彩陶器。遊牧民族である契丹族は,むろん製陶業はもたなかったが,国家意識に目覚めて916年に建国すると中国文化の摂取につとめ,文化向上につとめ華北の陶工を領内に拉致して窯をきずかせた。遼寧省赤峰市に近い乾瓦(かんが)窯はその代表的な窯であり,ここで遼三彩は焼造された。その創始は遼後期の1060年代からであるが,単色の緑釉陶と褐釉陶はすでに10世紀に焼造していると思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遼三彩の関連キーワード燕雲十六州東魏北漢渤海靺鞨契丹国志成漢西魏慕容満州建国大学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone