コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明器 めいき ming qi

6件 の用語解説(明器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明器
めいき
ming qi

中国で,副葬品として遺骸とともに埋葬した器具。鬼器,仮器ともいう。死者が生前使用していた器具,人物,動物などを模造し,神明の器として墳墓に納めた。殷・周時代の墓から出土する青銅彝器,およびそれを模造した陶質の器も明器と考えられ,戦国時代の墓から出土する黒陶俑,陶質の鼎,壺,豆などはすべて明器として専門的につくられたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

めい‐き【明器】

《神明の器の意》中国で、死者とともに墓に納めた器物。死後の世界で用いるため、日用の器物を木や泥・陶磁などで模したもの。代から代にかけて盛行。→泥象(でいしょう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

明器【めいき】

中国で死者とともに埋めた器物の模型や土偶類。副葬品の一種。人像を特に俑(よう)という。土,陶,木,青銅などで作られ,器物の模型では家屋,井戸,馬車などが多い。明器の制は,漢代から唐代を最盛期とし,清代まで残存した。
→関連項目営城子壁画墓永泰公主墓焼溝漢墓馬王堆漢墓

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

めいき【明器 míng qì】

死者に添えて墳墓に納める葬具の一種。器物の外見のみをかたどり実用にたえない品物を,中国では明器と呼んだ。先秦時代の古典でしばしば言及され,現実生活で用いる正器,祭器に対して貌器(ぼうき)(形をかたどるもの),鬼器(死者のための器)と理解され,凶器,蔵器,秘器などとも呼ばれ,現代の中国考古学でも踏襲されている。明器は時代によって内容構成と表現方法を異にしながら,(よう)とともに副葬品として古代から明・清時代まで長く行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

めいき【明器】

死後の生活にそなえ、墓に副葬するために作った模型の器物。中国、漢・唐代に盛行。石・木・陶磁器などで作り、宋代以後、紙製品が漸増。動物・人物像を含めていう。神明の器。 → 泥象でいしよう
すぐれた人物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明器
めいき

神明の器の意味で、中国で墓やそれの付属施設に入れるための土、木、玉、石、銅でつくった仮器。人物、動物の場合を俑(よう)という。殷(いん)・周時代の銅武器の、玉や石による模倣や、殉死代用の人物俑、動物俑の製作に始まった。戦国時代には銅、陶、木製の俑葬がみられる。秦(しん)の始皇帝陵の兵馬俑坑出土の加彩武人・馬は硬い表現であるが、実物大でリアルさがあり、明器の画期をなす。漢代には加彩陶質灰陶や緑釉(りょくゆう)で騎兵、男女俑、牛、羊、楼閣、家屋、農舎、水田、貯水池、倉、竈(そう)(かまど)、井戸、家畜小屋、雑技俑など豊富な題材の明器がつくられる。北朝には漢の伝統を引いた緑釉、黒褐釉の騎兵、武士、ラクダ、鎮墓獣が盛行し、南朝には青磁の鼓吹儀仗(ぎじょう)俑などが盛行する。唐代には三彩の馬、騎馬、ラクダ、女子、神将、鎮墓獣や加彩貼金(てんきん)騎兵が現れ、明器の圧巻を迎える。明器は明(みん)時代まで続くが、紙製明器の流行によって陶俑は衰退する。[下條信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の明器の言及

【唐三彩】より

…その後,則天武后の没後に彼女の犠牲となった皇族の名誉回復がはかられ706年(神竜2)には大墓の経営がおこなわれ,大量の三彩陶が焼造された。盛唐の三彩は明器(めいき)として貴紳の墓に副葬するのが重要な役割であったため,器形も飲食器のほか,人物,動物をはじめ家具,文房具,建築物などのミニチュアが製作され,ゆたかな造形領域をほこった。そこには世界帝国唐の面目がよくうかがえ,ペルシア系の文物の強い影響が器形や装飾図案に示されている。…

【遼三彩】より

…赤土に白化粧して,透明釉・褐釉・緑釉がほどこされた遼三彩は独特のひなびた鮮やかな釉色にくっきりと焼きあがり,魅力が深い。鶏冠壺,長頸瓶,水注,盤,碗,暖盤など,器種もゆたかであるが,実用というよりはおもに有力者の墓葬に副葬された明器(めいき)であったと推測される。遼における三彩づくりは1060年代から1100年前後に沸騰するように量産され,金によって1125年に滅ぼされるとまったく絶えてしまったと思われる。…

※「明器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

明器の関連キーワード生き活句ていと遺産/死者の短剣一、二、三─死覇王の死/二階堂蘭子の帰還惑わし/死者の短剣モータル・フィア/死の恐怖モータルフィア/死の恐怖《9413の生と死――ハリウッド・エキストラ》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明器の関連情報