コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遼廓亭 りょうかくてい

百科事典マイペディアの解説

遼廓亭【りょうかくてい】

京都の仁和寺庭内にある数寄屋造の小亭(重要文化財)。光琳好みで,もと御室門前竪町の,尾形乾山(おがたけんざん)の屋敷,何似宅(かじたく)にあったものと伝え,4畳半2間続きの書院と,如庵を写した2畳半台目の茶室がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の遼廓亭の言及

【茶室】より

…澱看席(よどみのせき)(京都市,西翁院)は藤村庸軒の作,総屋根裏に道安囲みを組み入れたわびた構えに,庸軒の茶境がよくあらわれている。遼廓亭(京都市,仁和寺)はもと尾形乾山の住居で兄光琳の好みになり,芸術家らしい創意とくふうが随所の意匠に示されている。飛濤亭(同前)は光格天皇遺愛の席と伝え,江戸時代末期の貴族の好みの茶屋の実例で,わびの手法が遊びの意匠に利用されている。…

※「遼廓亭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android