コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数寄屋造 すきやづくり

5件 の用語解説(数寄屋造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数寄屋造
すきやづくり

厳正な書院造に対して,草庵風の丸太や土壁などの意匠を取入れ洗練させた住居様式。柱に角材を用いず隅に皮つきの面皮 (めんかわ) 材を使い,長押 (なげし) を略し (ときには面皮の長押) ,張付壁でなく土壁を用いて天井も棹縁天井とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すきや‐づくり【数寄屋造(り)】

茶室建築の手法を取り入れた住宅様式。長押(なげし)を省き、面皮柱(めんかわばしら)荒壁下地窓(したじまど)などを用いる。数寄屋普請(ぶしん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

数寄屋造【すきやづくり】

茶室風の様式をとり入れた住宅建築様式。室町中期に佗茶を示す言葉として〈数寄〉が使われるようになり,茶の湯を行う場所は〈数寄屋〉と称されたが,江戸時代になって広い対象を指すようになった。
→関連項目畳割吉田五十八遼廓亭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すきやづくり【数寄屋造】

室町中期には侘茶(わびちや)を示す言葉として〈数寄(すき)〉が用いられるようになり,茶の湯を行うところを〈数寄屋〉と称するようになる。1564年(永禄7)編述の《分類草人木》に〈数寄座敷〉と出てくるのが早い例であるが,〈数寄屋〉の語もこのころには見られる徳川幕府の大棟梁平内(へいのうち)家の伝書《匠明》(1608)に〈茶ノ湯座敷ヲ数寄屋ト名付ク事ハ 右同比 堺ノ宗易云始ル也〉とあり,聚楽第の建設された桃山期に千利休が命名したと伝えられているが,利休時代には,茶の湯座敷小座敷あるいは単に座敷などと呼ばれることが普通であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

数寄屋造
すきやづくり

茶室の様式を取り入れた住宅建築様式。数寄とは茶の湯を意味し、数寄屋は茶室をさした。室町後期(16世紀中ごろ)に千利休(せんのりきゅう)がわびの造形として草庵(そうあん)風の手法を茶室に用いて以来、面皮(めんかわ)柱、室床(むろどこ)、下地窓(したじまど)、蒲天井(がまてんじょう)や野根板(のねいた)天井が茶室の主要な構成要素となった。茶の湯が盛行して茶室が社交や遊興の場になるにつれ、客の接待のために格式的な書院や鎖(くさり)の間(ま)(書院と茶室の間に設けられる部屋)も一体化されて、草庵風の手法が好んで用いられるようになるが、このように草庵風の手法を取り入れた建築を数寄屋造という。八条宮智仁(としひと)親王の別邸であった桂(かつら)離宮は、雁行(がんこう)する古書院・中書院・新御殿の書院群が元和(げんな)(1615~24)から寛文(かんぶん)(1661~73)にかけて完成したが、このうち古書院と中書院には面皮柱が使われたり長押(なげし)が省略されているものの、数寄屋的手法は濃厚ではない。これに対して新御殿では長押を面皮とし、襖引手(ふすまひきて)や長押釘隠(くぎかくし)の意匠は奔放で、数寄屋風が一段と進んでいる。17世紀後半につくられた同様の例としては、京都・曼珠院(まんしゅいん)の大書院と小書院、京都・西本願寺黒書院などが名高い。
 18世紀にはこの数寄屋の手法は、大名や貴族の邸宅に広く用いられたほか、民家や商家の座敷へも普及して、面皮丸太は床柱や長押、縁側の縁桁(えんげた)や化粧屋根裏天井などにも及んだが、しだいに材料や造作に凝るようになって本来の質素さを失っていった。昭和になって吉田五十八(いそや)(1894―1974)が大壁(おおかべ)造の近代数寄屋造の設計を始めてから、伝統を生かした斬新(ざんしん)な意匠が人気を集め、旅館や料亭はもちろん、個人住宅にも広く浸透した。[工藤圭章]
『中村昌生編『数寄屋建築集成』全9巻(1978~85・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の数寄屋造の言及

【安土桃山時代美術】より

…また,桃山期は書院に付随してすぐれた庭園が多数作られた時代でもある。 豪華な書院造に対して当代建築の他の一面を代表するものに数寄屋造がある。茶湯の隆盛によって書院風茶室,お茶屋,小間(こま)の茶室など,茶室建築の基本形式が確立された。…

【江戸時代美術】より

… 住宅建築においては,書院造の建築から固苦しさを排除し,柱や長押などに面皮(めんかわ)材を使うなど,茶室的要素を取り入れて素朴な表現を持った数寄屋建築が普及した。桂離宮をはじめ,三渓園臨春閣,曼殊院書院(1656),西本願寺黒書院(1657)など,武家や公家の別荘建築や寺院の書院また吉村家住宅など民家の座敷にも数寄屋造は取り入れられ,現代に至るまで,和風住宅の基本的形式になっている。 17世紀には伝統的な社寺の復興がさかんに行われたが,それらにみられるものは古典的形式を再現しようとする姿勢である。…

【住居】より

…17世紀中ごろになると,遠侍の車寄は式台付の玄関となり,対面の場も納戸を取り去った床,棚,書院を備えた上段と,次の間が1列に並ぶ形式へと変化してゆく。
[数寄屋造]
 近世初期の上層階級の住宅のもう一つの注目しなければならない変化は,数寄屋造の普及である。室町時代に発達した茶の湯は近世初期の武家や貴族にも愛好されたが,その場の一つである草庵風の茶室の要素を,書院造の建築に採り入れたものが,数寄屋造の発生であるとされている。…

※「数寄屋造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

数寄屋造の関連キーワード啓書記ざあます言葉謝辞詫び侘び言詫び言侘び茶京言葉倭玉篇やや重 (yielding)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

数寄屋造の関連情報