光琳(読み)コウリン

精選版 日本国語大辞典の解説

こうりん クヮウリン【光琳】

[2] 〘名〙 (尾形光琳の描いた人物の顔かたちがよくなかったところから) 顔かたちの醜いこと。江戸時代、文政(一八一八‐三〇)の頃に京都祇園あたりでいわれた語。
※洒落本・箱まくら(1822)下「わたしのやうな光琳は、たれもつれて行(ゆき)てがない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の光琳の言及

【尾形乾山】より

…習静堂,紫翠,逃禅,乾山,尚古斎,陶隠などと号した。呉服商雁金屋宗謙の三男で,次兄に尾形光琳がいる。若年から学問を好み,光悦の孫空中斎光甫や楽一入に陶法の手ほどきを受け,1689年(元禄2)洛西双ヶ岡に習静堂を建てて隠棲した。…

【尾形光琳】より

…名は惟富,通称は市之丞。35歳から用い始めた光琳のほか,方祝,積翠,澗声,道崇,青々,寂明などの別号がある。京都の高級呉服商雁金屋尾形宗謙の次男に生まれる。…

※「光琳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光琳の関連情報