コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

避難勧告 ヒナンカンコク

デジタル大辞泉の解説

ひなん‐かんこく〔‐クワンコク〕【避難勧告】

災害対策基本法に基づき、災害発生の恐れのある場合に市町村長が出す避難の勧め。さらに状況が切迫した場合、災害が発生して残っている人がいる場合には「避難指示」になる。→警戒区域

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

避難勧告

災害時に住民に避難を呼びかけるため、市町村長が災害対策基本法に基づき発令する。基準は自治体によって異なり、緊急性は「避難準備情報」→「避難勧告」→「避難指示」の順に高くなる。「勧告」は災害発生の恐れがある地域の住民に避難を促すもので危険がより迫っている場合は「指示」を出す。いずれも強制力はない。

(2013-10-19 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

避難勧告の関連キーワード土砂災害警戒情報と土砂災害警戒区域避難準備情報・避難勧告・避難指示防災行政無線と防災ラジオリスクコミュニケーション1999年の広島豪雨災害熊本県美里町の豪雨災害周南市の防災行政無線孫六温泉への避難勧告避難勧告・避難指示平成26年8月豪雨台風15号豪雨災害泥湯温泉ガス事故タイムライン防災災害時の情報伝達ISDB緊急事態応急対策土砂災害警戒情報津波対策推進法東海村臨界事故緊急告知ラジオ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

避難勧告の関連情報