コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

避難勧告 ヒナンカンコク

2件 の用語解説(避難勧告の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひなん‐かんこく〔‐クワンコク〕【避難勧告】

災害対策基本法に基づき、災害発生の恐れのある場合に市町村長が出す避難の勧め。さらに状況が切迫した場合、災害が発生して残っている人がいる場合には「避難指示」になる。→警戒区域

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

避難勧告

災害時に住民に避難を呼びかけるため、市町村長が災害対策基本法に基づき発令する。基準は自治体によって異なり、緊急性は「避難準備情報」→「避難勧告」→「避難指示」の順に高くなる。「勧告」は災害発生の恐れがある地域の住民に避難を促すもので危険がより迫っている場合は「指示」を出す。いずれも強制力はない。

(2013-10-19 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

避難勧告の関連キーワード災害時要援護者ラブコール呼掛ける垂直避難災害時要援護者名簿避難情報避難勧告と避難指示三宅島噴火避難場所原発事故時の住民への避難指示

避難勧告の関連情報