コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那須資徳 なす すけのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

那須資徳 なす-すけのり

1672-1708 江戸時代前期の大名。
寛文12年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩主津軽信政の子。那須資弥(すけみつ)の養子となり,貞享(じょうきょう)4年下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)藩主那須家2代。相続2ヵ月で資弥の実子との家督争いで領地を没収される。のち旗本となり,1000石をあたえられた。宝永5年6月25日死去。37歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

那須資徳の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)ライプニッツルニャールダオメー王国ダオメー王国マゼーパフリードリヒ2世溝口重雄山口宗季アディソン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android