コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那須資徳 なす すけのり

1件 の用語解説(那須資徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

那須資徳 なす-すけのり

1672-1708 江戸時代前期の大名。
寛文12年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩主津軽信政の子。那須資弥(すけみつ)の養子となり,貞享(じょうきょう)4年下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)藩主那須家2代。相続2ヵ月で資弥の実子との家督争いで領地を没収される。のち旗本となり,1000石をあたえられた。宝永5年6月25日死去。37歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

那須資徳の関連キーワード山口宗季オランダ戦争龍野城和算和算と算額堀場製作所伊藤坦庵お染久松革堂十文銭

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone