那須資徳(読み)なす すけのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

那須資徳 なす-すけのり

1672-1708 江戸時代前期の大名。
寛文12年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩主津軽信政の子。那須資弥(すけみつ)の養子となり,貞享(じょうきょう)4年下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)藩主那須家2代。相続2ヵ月で資弥の実子との家督争いで領地を没収される。のち旗本となり,1000石をあたえられた。宝永5年6月25日死去。37歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android