コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜町天皇 さくらまちてんのう

デジタル大辞泉の解説

さくらまち‐てんのう〔‐テンワウ〕【桜町天皇】

[1720~1750]第115代天皇。在位1735~1747。中御門(なかみかど)天皇の第1皇子。名は昭仁(てるひと)。和歌に長じ、歌集「桜町院坊中御会和歌」「桜町院御集」などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜町天皇 さくらまちてんのう

1720-1750 江戸時代中期,第115代天皇。在位1735-47。
享保(きょうほう)5年1月1日生まれ。中御門(なかみかど)天皇の第1皇子。母は藤原尚子(新中和門院)。父の譲位をうけて即位。大嘗(だいじょう)祭,新嘗祭などを復活させた。和歌をこのんだ。幕府は8代将軍徳川吉宗,9代家重(いえしげ)の時代。寛延3年4月23日死去。31歳。墓所は月輪陵(つきのわのみささぎ)(京都市東山区)。幼称は若宮。諱(いみな)は昭仁(てるひと)。歌集に「桜町院御集」。
【格言など】思ふにはまかせぬ世にもいかでかはなべての民の心やすめむ(「桜町院御集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

桜町天皇

没年:寛延3.4.23(1750.5.28)
生年:享保5.1.1(1720.2.8)
江戸中期の天皇。享保20(1735)~延享4(1747)年在位。中御門天皇第1皇子,若宮。母は近衛家煕の娘尚子(新中和門院)。諱は昭仁。享保5年10月儲君,同年11月親王宣下,13年立太子,20年3月践祚,同年11月即位。幕府との協調関係のなか朝儀復興に意を払い,先帝のとき再絶した大嘗祭を元文3(1738)年再興して儀制の整備をはかり,新嘗祭や宇佐奉幣使発遣などを挙行した。歌集『桜町院御集』,御撰『桃蘂類題』,歌論『歌道御教訓書』がある。延享4年5月2日譲位。31歳で没。陵墓は京都泉涌寺内の月輪陵。<参考文献>辻達也他編『日本の近世2 天皇と将軍』,和田英松『皇室御撰之研究』

(母利美和)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さくらまちてんのう【桜町天皇】

1720‐50(享保5‐寛延3)
第115代に数えられる天皇。在位1735‐47年。名は昭仁,中御門天皇の第1皇子。在位期間は将軍徳川吉宗,家重の代にわたる。資性聡明と称され,ことに朝儀の興隆に熱意をもち,1738年(元文3)大嘗会を再興したのをはじめとして,新嘗会,宇佐奉幣その他多数の儀式公事の復旧につとめた。歌集に《桜町院御集》その他が伝えられ,著作には霊元天皇の和歌を類聚した《桃蘂類題(とうずいるいだい)》や典侍日野資子の死去を悼む文章がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さくらまちてんのう【桜町天皇】

1720~1750) 第一一五代天皇(在位1735~1747)。名は照仁てるひと。中御門天皇の第一皇子。朝儀の振興と皇威の伸張に努めたため、幕府にうとまれた。和歌にすぐれ、「桜町院御集」などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜町天皇
さくらまちてんのう

[生]享保5(1720).1.1. 京都
[没]寛延3(1750).4.23. 京都
第 115代の天皇 (在位 1735~47) 。名は昭仁 (てるひと) 。幼称は若宮。中御門天皇の第1皇子,母は太政大臣近衛家煕の娘で,贈皇太后新中和門院藤原尚子。享保 20 (35) 年即位,朝儀の振興と皇威の伸張に意を用い,新嘗祭 (にいなめさい) などを再興し,また宇佐宮などの奉幣使派遣を復興した。延享4 (47) 年譲位。和歌の道に秀で,歌集に『桜町院坊中御会和歌』 (1巻) ,『桜町院御集』 (2巻) ,『桜町院御百首』 (1巻) などがある。陵墓は京都市東山区今熊野泉山の月輪陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜町天皇
さくらまちてんのう
(1720―1750)

第115代天皇(在位1735~47)。第114代中御門(なかみかど)天皇の第1皇子昭仁(てるひと)。生母は新中和門院尚子(近衛家煕(このえいえひろ)の女(むすめ))。1728年(享保13)立太子。35年3月父中御門天皇の譲りを受けて践祚(せんそ)。38年(元文3)11月19日大嘗会(だいじょうえ)を挙行。大嘗会は、祖父東山(ひがしやま)天皇のとき1687年(貞享4)に、後土御門(ごつちみかど)天皇の1466年(文正1)以来の旧儀を復興したが、父中御門天皇のとき中絶したのを再興したもので、この後は定例となった。1747年(延享4)第1皇子遐仁(とおひと)(桃園(ももぞの)天皇)に譲位。歌道に秀で、歌集『桜町院御集』『桜町院坊中御会和歌』などがある。寛延(かんえん)3年崩御。京都東山・泉涌寺(せんにゅうじ)に葬るが、いまの御陵は今熊野にあり、月輪陵という。[辻 達也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

桜町天皇 (さくらまちてんのう)

生年月日:1720年1月1日
江戸時代中期の第115代の天皇
1750年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

桜町天皇の関連キーワード青蓮院宮尊真法親王尊快入道親王(2)盛子内親王(2)中村宗哲(3代)有栖川宮音仁親王有栖川宮織仁親王尊真入道親王尊峰入道親王尊英入道親王増賞入道親王油小路延子久志本常彰後桜町天皇智子内親王烏丸光栄職仁親王高橋宗直生年月日邦頼親王音仁親王

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android