コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜町天皇 さくらまちてんのう

8件 の用語解説(桜町天皇の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

桜町天皇

第百十五代天皇。中御門天皇の第一皇子。母は新中和門院藤原尚子。諱は昭仁。幕府との協調関係のなか朝儀復興に意を払い、先帝のとき再絶した大嘗祭を再興し儀制の整備をはかった。和歌の道に秀で、『桜町院坊中御会和歌』『桜町院御集』等の歌集がある。寛延3年(1750)崩御、31才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さくらまち‐てんのう〔‐テンワウ〕【桜町天皇】

[1720~1750]第115代天皇。在位1735~1747。中御門(なかみかど)天皇の第1皇子。名は昭仁(てるひと)。和歌に長じ、歌集「桜町院坊中御会和歌」「桜町院御集」などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜町天皇 さくらまちてんのう

1720-1750 江戸時代中期,第115代天皇。在位1735-47。
享保(きょうほう)5年1月1日生まれ。中御門(なかみかど)天皇の第1皇子。母は藤原尚子(新中和門院)。父の譲位をうけて即位。大嘗(だいじょう)祭,新嘗祭などを復活させた。和歌をこのんだ。幕府は8代将軍徳川吉宗,9代家重(いえしげ)の時代。寛延3年4月23日死去。31歳。墓所は月輪陵(つきのわのみささぎ)(京都市東山区)。幼称は若宮。諱(いみな)は昭仁(てるひと)。歌集に「桜町院御集」。
【格言など】思ふにはまかせぬ世にもいかでかはなべての民の心やすめむ(「桜町院御集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

桜町天皇

没年:寛延3.4.23(1750.5.28)
生年:享保5.1.1(1720.2.8)
江戸中期の天皇。享保20(1735)~延享4(1747)年在位。中御門天皇第1皇子,若宮。母は近衛家煕の娘尚子(新中和門院)。諱は昭仁。享保5年10月儲君,同年11月親王宣下,13年立太子,20年3月践祚,同年11月即位。幕府との協調関係のなか朝儀復興に意を払い,先帝のとき再絶した大嘗祭を元文3(1738)年再興して儀制の整備をはかり,新嘗祭や宇佐奉幣使発遣などを挙行した。歌集『桜町院御集』,御撰『桃蘂類題』,歌論『歌道御教訓書』がある。延享4年5月2日譲位。31歳で没。陵墓は京都泉涌寺内の月輪陵。<参考文献>辻達也他編『日本の近世2 天皇と将軍』,和田英松『皇室御撰之研究』

(母利美和)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さくらまちてんのう【桜町天皇】

1720‐50(享保5‐寛延3)
第115代に数えられる天皇。在位1735‐47年。名は昭仁,中御門天皇の第1皇子。在位期間は将軍徳川吉宗,家重の代にわたる。資性聡明と称され,ことに朝儀の興隆に熱意をもち,1738年(元文3)大嘗会を再興したのをはじめとして,新嘗会,宇佐奉幣その他多数の儀式公事の復旧につとめた。歌集に《桜町院御集》その他が伝えられ,著作には霊元天皇の和歌を類聚した《桃蘂類題(とうずいるいだい)》や典侍日野資子の死去を悼む文章がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さくらまちてんのう【桜町天皇】

1720~1750) 第一一五代天皇(在位1735~1747)。名は照仁てるひと。中御門天皇の第一皇子。朝儀の振興と皇威の伸張に努めたため、幕府にうとまれた。和歌にすぐれ、「桜町院御集」などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜町天皇
さくらまちてんのう

[生]享保5(1720).1.1. 京都
[没]寛延3(1750).4.23. 京都
第 115代の天皇 (在位 1735~47) 。名は昭仁 (てるひと) 。幼称は若宮。中御門天皇の第1皇子,母は太政大臣近衛家煕の娘で,贈皇太后新中和門院藤原尚子。享保 20 (35) 年即位,朝儀の振興と皇威の伸張に意を用い,新嘗祭 (にいなめさい) などを再興し,また宇佐宮などの奉幣使派遣を復興した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜町天皇
さくらまちてんのう
(1720―1750)

第115代天皇(在位1735~47)。第114代中御門(なかみかど)天皇の第1皇子昭仁(てるひと)。生母は新中和門院尚子(近衛家煕(このえいえひろ)の女(むすめ))。1728年(享保13)立太子。35年3月父中御門天皇の譲りを受けて践祚(せんそ)。38年(元文3)11月19日大嘗会(だいじょうえ)を挙行。大嘗会は、祖父東山(ひがしやま)天皇のとき1687年(貞享4)に、後土御門(ごつちみかど)天皇の1466年(文正1)以来の旧儀を復興したが、父中御門天皇のとき中絶したのを再興したもので、この後は定例となった。1747年(延享4)第1皇子遐仁(とおひと)(桃園(ももぞの)天皇)に譲位。歌道に秀で、歌集『桜町院御集』『桜町院坊中御会和歌』などがある。寛延(かんえん)3年崩御。京都東山・泉涌寺(せんにゅうじ)に葬るが、いまの御陵は今熊野にあり、月輪陵という。[辻 達也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜町天皇の関連キーワード進藤長房凸巌養益公辨法親王素秋井伊直員袖崎伊勢野(初代)堆朱楊成(11代)鶴海一漁(初代)梅風廉山

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桜町天皇の関連情報