邪論(読み)ジャロン

精選版 日本国語大辞典の解説

じゃ‐ろん【邪論】

〘名〙 不正な議論。人をまどわすようなあやまった論説。僻論。邪説。
※本朝続文粋(1142‐55頃)一・初冬述懐百韻〈藤原敦光〉「邪論兼昼夜美膳備朝晡」 〔王褒‐四子講徳論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

邪論の関連情報