コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王褒 おうほう Wang Bao

2件 の用語解説(王褒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王褒
おうほう
Wang Bao

[生]?
[没]神爵1(前61)
中国,前漢の文学者。資中 (四川省) の人。字,子淵。宣帝のとき諫大夫となった。『九懐』『洞簫賦』などの辞賦を著わした。諧謔的な筆致で奴隷の境遇を描写した『僮約 (どうやく) 』は,当時の社会生活をうかがう資料として価値をもっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

王褒
おうほう
Wang Bao

[生]天監6(507)?
[没]天和6(571)
中国,北周の文学者。琅邪臨沂 (山東省) の人。初め梁に仕え,吏部尚書,左僕射に進んだが,江陵が陥るに及んで北朝に入り,北周で小司空となり,宣州刺史に出て没した。北朝で庾信 (ゆしん) と並んで文名が高く,南の故郷を思い,また辺境の関塞を描写した詩が多いが,詩風はむしろ雄健である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の王褒の言及

【僮約】より

…中国,後漢時代の詩人王褒の作品。王褒が成都の寡婦から1人の奴僕を買いとるという想定で契約文書になぞらえて作った押韻の戯文。…

※「王褒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

王褒の関連キーワードエヌ没・歿勃・歿・没三角数n-6脂肪酸ω6脂肪酸荑媛アルベニス:スペイン(6つのアルブムブラット)/piano solo司天監2 , 4 , 6 ‐トリニトロ‐N-メチルアニリン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone