コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

えいYing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


えい
Ying

中国,春秋時代。現在のフーペイ (湖北) 省チヤンリン (江陵) 県の北部にあたり,紀南城と呼ばれる遺址がその名残りをとどめている。楚の都はのちえんに移ったが,この地もえん郢と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えい【郢】

中国、春秋時代楚(そ)の国の都。現在の湖北省江陵県北部にあったと伝えられるが、楚はどこへ遷都してもそこを郢とよんだともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えい【郢 Yǐng】

中国,春秋戦国時代の楚の都。文王(在位,前689‐前677)が現在の湖北省江陵県の北にはじめて郢の都をおいたといわれる。春秋の末にの侵入に備えて鄀(じやく)(湖北省宜城県北東)に遷都した一時期を除き戦国までつづく。しかし戦国も末になると秦に攻められて前278年には陳(河南省淮陽県)に,前253年には鉅陽(きよよう)(安徽省阜陽県北西),前241年には寿春(安徽省寿県)に都を移したが,前223年ついに秦に滅ぼされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えい【郢】

中国、春秋戦国時代の楚の都の名。春秋初期に湖北省江陵県(荊州けいしゆう)にあった。楚は、鄀じやく・陳ちん・寿春に遷都したが、そのいずれをも郢と呼んだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【雲夢】より

…現在では,雲夢とは長江(揚子江)中流域,今の湖北省中央部に形成されていた湖沼を中心に,周囲の山野をも含む広範囲を呼んだものと考えられている。その中央にあった湖沼は,この地点で長江に流入する漢水や沮水(しよすい)などの支流の流量を,自然に調整するために形成されていた遊水池の一つで,今の江陵県(楚呉の都,郢(えい)のあったところ)の東,漢水と長江の中間を広く占めていたもので,その範囲は降水量や氷河の伸長などによって一定してはいなかった。また一部は漢水の北にまで及んでいたが,春秋時代には大部分が陸化し開拓されていた。…

【江陵】より

…武漢の西およそ200kmの長江(揚子江)の北岸にあり,北は河南,陝西へ,西は四川に通ずる交通の要地を占める。春秋時代,楚の文王が定めた国都の郢(えい)はその北郊にあり,春秋戦国を通して臨淄(りんし),邯鄲,大梁や咸陽などと並ぶ大都市として繁栄を誇った。秦・漢には江陵県がおかれて南郡の治所となり,唐・宋は江陵府,明・清は荆州府であった。…

※「郢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

郢の関連キーワードクチュ(曲出)江陵(中国)綾小路有長綾小路敦有綾小路俊量郢書燕説大原重明早野巴人三井丹丘綾小路流高井几圭綾小路家源政長源有賢春申君源資賢催馬楽伍子胥魚玄機源有資

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android