コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都兵馬使 とへいばしTobyǒngmasa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都兵馬使
とへいばし
Tobyǒngmasa

朝鮮,高麗時代に設けられた軍事機関名,役職名。都兵馬使の前身は「兵馬使」といわれ,成宗8 (989) 年に北境警備の軍事機関,あるいは官職名として成立した。兵馬使が実際にその機能を発揮したのは同 11年,契丹軍侵入のときからである。以来兵馬使の設置は常設的なものとなった。文宗 (在位 1047~83) 時代になると中央の上部機関として都兵馬使の制が確立し,西北面,東北面の2つの北境で出先の兵馬使以下を指揮する権限をもった。やがて忠烈王5 (1279) 年,モンゴルに服属することが決定すると都兵馬使は「都評議使」と改称し,東西2北境の兵馬使は解散させられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の都兵馬使の言及

【都評議使司】より

…朝鮮の高麗末期から李朝初期にかけて存在した最高政治機関。その前身は都兵馬使である。これは北辺防衛を管掌する中央機関で,その指揮下に防衛の実務を担当する兵馬使が東北面と西北面におかれた。…

※「都兵馬使」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

都兵馬使の関連キーワード都評議使司

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android