都太夫一中(11世)(読み)みやこだゆういっちゅう[じゅういっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都太夫一中(11世)
みやこだゆういっちゅう[じゅういっせい]

[生]1906.9.4. 東京
[没]1991.7.8. 東京
一中節の家元。都一中とも呼ばれる。 10世都太夫一中の子。本名小林清子。母は都一梅。都一花,都一広に師事。 1935年都仙卜 (せんぼく) となり,1948年 11世を継いだ。 1984年重要無形文化財保持者に認定された。作曲に『雪まろげ』『水の上』があり,『姫ケ滝四季山めぐり (山姥) 』を復曲。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android