コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都市図 としず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都市図
としず

都市に関する図を総称して都市図という。大別すれば,江戸時代以前の都市図を「絵図」と呼び,近代以降の測量図を「地図」と呼ぶことが多い。さらに別の分類として,都市の景観を絵画的に描いた都市景観図と,絵図・地図としての都市図とを区別する考え方もある。都市図といっても,その作成方法や用途によって種々の形態がある。都市の全体や部分を表した絵図をはじめ,町の様子を詳しく表現した屋敷割図,個々の屋敷内の実体を示す屋敷図などがある。また近代以降では,目的に応じてさまざまな都市図が作られるようになった。代表的なものとしては各種の都市ガイドマップがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

都市図の関連キーワードロッシ(Aldo Rossi)国立歴史民俗博物館泰西輿地図説矢守 一彦南蛮文化地図屏風

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都市図の関連情報