コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都房 とぼう tobang

1件 の用語解説(都房の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都房
とぼう
tobang

朝鮮,高麗武臣政権時代の私兵の集会所。明宗 10 (1180) 年に将軍慶大升が自家にいる私兵を都房と自称したことに始った。崔氏武臣政権時代になると,都房は正式の兵制となり,36番都房までできた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の都房の言及

【武人政権】より

… 武人政権の土台は,第1には強力な私兵集団であった。初めは悪少,死士という腕力の強いものや寄食して来る門客が中心であったが,やがて宿舎,武器,食料を用意して都房という強大な私兵を養成した。国軍も残っていたが,それよりも私兵はずっと強力であった。…

※「都房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

都房の関連キーワード高麗崔忠献高麗焼高麗錦武臣高麗人仮設住宅の集会所武人政権万積の乱武臣政権

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone