コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都房 とぼうtobang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都房
とぼう
tobang

朝鮮,高麗の武臣政権時代の私兵の集会所。明宗 10 (1180) 年に将軍慶大升が自家にいる私兵を都房と自称したことに始った。崔氏武臣政権時代になると,都房は正式の兵制となり,36番都房までできた。元宗 11 (1270) 年王政の復旧とともに廃止。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の都房の言及

【武人政権】より

… 武人政権の土台は,第1には強力な私兵集団であった。初めは悪少,死士という腕力の強いものや寄食して来る門客が中心であったが,やがて宿舎,武器,食料を用意して都房という強大な私兵を養成した。国軍も残っていたが,それよりも私兵はずっと強力であった。…

※「都房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android