コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私兵 シヘイ

デジタル大辞泉の解説

し‐へい【私兵】

個人が自分の利益を守るために養成した、組織に属さない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しへい【私兵】

公的兵力,すなわち近代国家の一部をなす公的軍隊,警察と対比されるもので,私的個人ないし集団が自己の利害・権力を守るために組織する,私的兵力のこと。前近代における封建領主や絶対君主の軍隊は,その国家権力が身分的特権や伝統的権威に由来し,その運用が領主や君主の恣意にゆだねられている限りで,私兵的性格を帯びていた。また,その下臣団も,それぞれの身分的地位に応じた兵力をもち,主従関係にもとづき私兵的役割を担っていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しへい【私兵】

個人が勢力を張るために自分で養成し維持している兵士。 「 -を蓄える」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

私兵の関連キーワードウォーカー(William Walker、冒険家)オーガスト・シーザー サンディーノシャジャル・アッドゥッルニザーム・アルムルクニザーム・アルムルクラムザン カディロフ近衛軍[古代ローマ]ストロガノフ[家]軍制[古代ローマ]部曲(中国古代)グラディアトルストロガノフ家パトロキニウムカウディーリョ府兵制[朝鮮]サンディーノクリエンテスムッソリーニ五族・五部ロベングラ

私兵の関連情報