コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都治月丹 つじ・げったん

1件 の用語解説(都治月丹の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

都治月丹

没年:享保12.6.13(1727.7.31)
生年:慶安1(1648)
江戸中期の剣客。近江国甲賀郡馬杉(滋賀県甲南町)生まれ。はじめは辻と書いた。諱 は資茂,通称を兵内。月丹,無外と号した。13歳で京に上り,山口卜真斎に剣を学び免許皆伝武者修行の末に江戸へ出て,剣術指南をしながら工夫を積み,45歳で不動の境地を得て,麻布吸江寺に参禅,石潭禅師から「一法実無外・乾坤得一貞(下略)」の偈を与えられ,以後,無外流を唱えた。宝永4(1707)年土佐(高知)藩主山内豊房に剣術を教授,以来,江戸土佐藩邸に出入りを許され,のち月丹の曾孫資幸が山内家に抱えられて,無外流は土佐藩で不動の地位を占めた。<参考文献>山田次郎吉『日本剣道史』,「武術流祖録」(『武術叢書』),「撃剣叢談」(同)

(中井一水)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都治月丹の関連キーワード甲賀者黄瀬平治甲賀三郎(2)杉本惣太郎武島茂幸田島九兵衛田島治兵衛多羅尾光雅細野正望月直方

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone