都道府県防災会議(読み)トドウフケンボウサイカイギ

デジタル大辞泉の解説

とどうふけん‐ぼうさいかいぎ〔トダウフケンバウサイクワイギ〕【都道府県防災会議】

災害対策基本法に基づいて都道府県に設置される地方防災会議都道府県地域防災計画の作成・実施の推進を図り、災害発生時には情報収集、および応急対策・復旧に関して関係機関相互の連絡調整を図る。都道府県知事会長とし、指定地方行政機関の長・陸上自衛隊の方面総監・教育委員会教育長警視総監または道府県警察本部長・消防機関の長・指定公共機関役員などが委員として参加する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android