都都逸坊扇歌(読み)ドドイツボウセンカ

デジタル大辞泉の解説

どどいつぼう‐せんか〔どどいつバウ‐〕【都都逸坊扇歌】

[1804~1852]江戸後期の俗曲演奏家。初世常陸(ひたち)の人。本名、岡福次郎。当時流行の都々逸節を改良して今日の曲調に定着させた。即席や謎解きも得意としたが、風刺性をとがめられて江戸を去った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android