コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都都逸坊扇歌 ドドイツボウセンカ

1件 の用語解説(都都逸坊扇歌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どどいつぼう‐せんか〔どどいつバウ‐〕【都都逸坊扇歌】

[1804~1852]江戸後期の俗曲演奏家。初世。常陸(ひたち)の人。本名、岡福次郎。当時流行の都々逸節を改良して今日の曲調に定着させた。即席や謎解きも得意としたが、風刺性をとがめられて江戸を去った。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

都都逸坊扇歌の関連キーワード文化ラングスドルフ第二帝政科学史奈破崙ナポレオン鶴屋南北岩井半四郎河津省庵真田幸貫

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone