コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都都逸坊扇歌 ドドイツボウセンカ

デジタル大辞泉の解説

どどいつぼう‐せんか〔どどいつバウ‐〕【都都逸坊扇歌】

[1804~1852]江戸後期の俗曲演奏家。初世常陸(ひたち)の人。本名、岡福次郎。当時流行の都々逸節を改良して今日の曲調に定着させた。即席や謎解きも得意としたが、風刺性をとがめられて江戸を去った。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

都都逸坊扇歌の関連キーワード文化岩井半四郎歌川豊国ギャンジャブレイク(William Blake)奈破崙ナポレオンシーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold)鶴屋南北ラングスドルフ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android