コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄧穎超 とうえいちょう Deng Ying-chao

2件 の用語解説(鄧穎超の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄧穎超
とうえいちょう
Deng Ying-chao

[生]光緒30(1904).河南,光山
[没]1992.7.11. 北京
中国の女性政治家。周恩来夫人。天津女子師範大学卒業。在学中,五・四運動に参加し,卒業後の 1925年周恩来と結婚,同年入党。 34年長征に参加。 45年中国共産党第7期中央委員候補,49年全国民主婦女連合会副主席,56年第8期,69年第9期,73年第 10期党中央委員会委員,76年 12月全国人民代表大会常務委員会副委員長に選ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穎超
とうえいちょう / トンインチャオ
(1902―1992)

中国の政治家。周恩来夫人で、大姐(トンターチェ)ねえさん)の愛称で民衆に親しまれていた。河南省出身。天津(てんしん/ティエンチン)女子師範学校在学中、周恩来の主宰する学生団体「醒社(せいしゃ)」に参加、同校卒業後、北京(ペキン)で教職につき、1925年、国共合作下の広州で周恩来と結婚、蔡暢(さいちょう/ツァイチャン)らと女性運動に従事、国共分裂後、江西省のソビエト地区に入り、長征に参加。延安に移ったあと病気療養を兼ねて北京に潜入したことがある、とエドガー・スノーの記述にみえる。そのあと抗日戦中、国共提携の組織である国民参政会参政員として、夫とともに重慶(じゅうけい/チョンチン)に駐在。中華人民共和国成立後は、全国民主婦女連合会副主席、党中央委員、全国人民代表大会常務委員会副委員長などの要職につき、周恩来の死後1979年(昭和54)4月、来日。人民政治協商会議全国委員会主席であった。[安藤彦太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鄧穎超の関連キーワード河南省河南日光山狭山智光山動物園日光山唄河南〈町〉鹿児島県鹿児島市光山久光山錦光山(初代)錦光山(2代)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone