コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭舜功 てい しゅんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鄭舜功 てい-しゅんこう

?-? 明(みん)(中国)の外交使節。
弘治(こうじ)2年(1556)浙江(せっこう)総督の命で倭寇(わこう)取り締まりの交渉をするために来日。豊後(ぶんご)(大分県)の大友宗麟(そうりん)のもとに滞在し,翌年帰国。のち日本での見聞などをもとに「日本一鑑」をあらわした。広東省出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鄭舜功の関連キーワード外交使節弘治

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android