配偶者特別控除(読み)はいぐうしゃとくべつこうじょ

大辞林 第三版の解説

はいぐうしゃとくべつこうじょ【配偶者特別控除】

所得控除の一。配偶者控除の対象にはならない配偶者で、所得金額が一定額以下であるなどの要件に該当する配偶者がいる場合に、一定の金額を控除すること。控除額は、配偶者の所得金額に応じて変わる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

はいぐうしゃ‐とくべつこうじょ〔‐トクベツコウヂヨ〕【配偶者特別控除】

配偶者控除を補う所得控除配偶者合計所得金額が38万円(年収103万円)を超える場合に、配偶者の所得に応じて、一定の所得控除を受けることができる。
[補説]納税者の合計所得金額が1000万円(年収1220万円)以下で、配偶者の合計所得金額が38万円超123万円(年収201万円)以下などの要件がある。配偶者の年間の合計所得金額が85万円(給与年収150万円)以下は全額適用。85万円超123万円以下は配偶者の所得に応じて段階的に減少する。控除額は納税者の合計所得金額に応じて異なり、納税者の合計所得金額が900万円(年収1120万円)以下の場合は38万円、900万円超950万円(年収1170万円以下)の場合は26万円、950万円超1000万円(年収1220万円以下)の場合は13万円。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

配偶者特別控除の関連情報