コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配分交通量 はいぶんこうつうりょうassigned transportation volume

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

配分交通量
はいぶんこうつうりょう
assigned transportation volume

交通量を推測する方法で用いられる概念の一つで,A市からB市への分布交通量が推定されたとき,両市間を結ぶ,たとえば複数ある道路のそれぞれの経路を利用する交通量のこと。その推定には多くの手法が開発されており,(1) 最短経路配分法,(2) 時間比配分法,(3) 等時間配分法などがよく用いられる。 (1) は,そこでの起点から終点までの交通量 (OD交通量) の 100%が交通網上の最短経路を通ると仮定した配分法であり,(2) は,選択できる各経路ごとの所要時間の比率を用いて OD交通量を配分する方法である。 (3) は,交通量が多くなると渋滞により速く走れなくなることを考慮したうえで,交通所要時間の総和が最小となるような経路に分れると仮定した配分法である (→4段階推定法 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android