配意(読み)はいい

精選版 日本国語大辞典「配意」の解説

はい‐い【配意】

〘名〙 心をくばること。気をつかうこと。心くばり。配慮
※杉百合之助・玉木文之進・杉梅太郎宛吉田松陰書簡‐嘉永四年(1851)三月二一日「中谷翁起居飲食之微に至る迄毎々仕呉候故、大に仕合申候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android