コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井庄之助 さかい しょうのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井庄之助 さかい-しょうのすけ

?-1864 幕末の武士。
肥後熊本藩士。一説に同藩の長岡内膳(ないぜん)の家人とも。脱藩後酒井庄之助の変名を使用。元治(げんじ)元年禁門の変に長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の兵とともにたたかい,同年7月21日天王山で真木和泉(いずみ)らと自刃(じじん)。姓は不詳。名は直則。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

酒井庄之助の関連キーワード幕末

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android