酒井忠以(読み)さかい

美術人名辞典の解説

酒井忠以

江戸後期の播州姫路藩主。備前守忠仰の男、抱一の兄。雅楽頭、従四位下侍従。宗雅・一得斎・払袖と号する。絵事・茶道を好む。寛政2年(1790)歿、36才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠以 さかい-ただざね

1756*-1790 江戸時代中期の大名。
宝暦5年12月23日生まれ。酒井忠仰(ただもち)の長男。酒井抱一(ほういつ)の兄。祖父酒井忠恭(ただずみ)の養子となり,明和9年播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩主酒井家2代。武芸にすぐれ,俳句や書画にも長じていた。「酒井銀鵝(ぎんが)公俳句集」などがある。寛政2年7月17日死去。36歳。号は宗雅(そうが),銀鵝など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android