コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井忠徳 さかい ただあり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠徳 さかい-ただあり

1755-1812 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦5年10月2日生まれ。酒井忠温(ただあつ)の子。明和4年出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩主酒井家7代となる。豪商本間光丘(みつおか)(四郎三郎)らを登用して窮乏した藩財政を再建し,文化2年藩校致道館を開校。俳諧(はいかい),和歌にすぐれた。文化9年9月18日死去。58歳。号は春華園,凡兆

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

酒井忠徳の関連キーワード小笠原長泰白井矢太夫酒井忠器旧致道館黒田直侯内藤政民水野忠実酒井凡兆市橋長富酒井忠礼仙寿院

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒井忠徳の関連情報