コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井忠温 さかい ただはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠温 さかい-ただはる

1737-1801 江戸時代中期の大名。
元文2年5月1日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩主酒井忠恭(ただずみ)の4男。酒井忠告(ただつぐ)の養子となり,宝暦13年上野(こうずけ)(群馬県)伊勢崎藩主酒井家3代。藩校学習堂をつくり,天明3年の浅間山噴火の被害に対しては難民の救助につとめ,のりきった。寛政13年1月5日死去。65歳。

酒井忠温 さかい-ただあつ

1732-1767 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)17年7月17日生まれ。酒井忠寄(ただより)の子。明和3年出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩主酒井家6代となるが,4年1月16日病没した。36歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

酒井忠温の関連キーワード酒井忠徳酒井忠哲酒井仲

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android