酒井忠興(読み)さかい ただおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠興 さかい-ただおき

1879-1919 明治-大正時代の華族,園芸家。
明治12年6月6日生まれ。もと播磨(はりま)姫路藩主酒井忠邦(ただくに)の長男。伯爵。園芸を愛好し,東京小石川原町の屋敷でおおくの草花を栽培,とくに七百余種の熱帯植物と菊の名品で知られた。大正8年9月22日死去。41歳。東京音楽学校(現東京芸大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android