コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱帯植物 ねったいしょくぶつ tropical plant

5件 の用語解説(熱帯植物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱帯植物
ねったいしょくぶつ
tropical plant

熱帯地方に生育する植物。その植生は多雨林,雨緑林,サバナというように乾季の長さに対応して分布している。特に熱帯雨林は非常に多くの樹種をもつが,その優占種は巨大な常緑広葉樹で,このほか木生シダつる植物着生植物も多く特殊な景観を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねったい‐しょくぶつ【熱帯植物】

熱帯地方に自生する植物。一般に大形で、独特の形態をもつものが多い。サボテンヤシマングローブなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

熱帯植物【ねったいしょくぶつ】

熱帯域に生育する植物をさす。降雨量によって高温多湿の熱帯雨林マングローブ,雨季と乾季が明暸なサバンナ,雨緑林,乾燥地の熱帯砂漠などに分けられる。熱帯多雨林にはフタバガキ科,クワ科,センダン科ホルトノキ科などが優占し,板根や支柱根をもつもの,太い幹から直接花(幹生花)をつけるもの,またマメ科などのつる植物,ランアナナスなどの着生植物,オトギリソウ科ヤドリギ科などの寄生植物が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ねったいしょくぶつ【熱帯植物】

熱帯地方に成育する植物の総称。一般的に常緑広葉で、冬芽などの保護器官をもたない。ヤシ・パイナップルなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱帯植物
ねったいしょくぶつ

平均気温が20℃以上の低緯度地帯に生育する植物。熱帯多雨林、雨緑林、サバンナなどとよばれる地帯でみられる。熱帯植物の生育する熱帯地方では年間の気温較差は少ないが、季節風の影響によって降水量の地域的較差は大きい。熱帯多雨林は高温多雨地に発達し、生育する植物の多くは常緑高木で、無毛光沢のある葉をつける。フタバガキ科のラワン属、フタバガキ属、マメ科のコームパシア属Koompasiaなどに属する樹木は高さ60メートルにも達し、多層の林冠部を形成している。熱帯多雨林の原生林内にはきわめて多種多様の種類が生育しているが、とくにクワ科、バンレイシ科、ニクズク科、ビワモドキ科、フタバガキ科、オトギリソウ科、マメモドキ科、マメ科、トウダイグサ科、センダン科、ムクロジ科、アオギリ科、フトモモ科、シクンシ科、アカテツ科、カキノキ科、アカネ科、ヤシ科、クズウコン科、ラン科などが優勢である。林内の樹木の多くは淡色の目だたない花をつける。また、なかには幹生花(茎・幹などから直接花芽を出して開花するもの)をつける植物もみられる。つる植物にはマメ科、着生植物にはラン科やウラボシ科などの植物が顕著である。また原生林の伐採跡地や焼畑周辺部の二次林にはクワ属、コショウ属、ノボタン科やアカネ科の多くの属、トウダイグサ科のアカメガシワ属やオオバギ属などの低木がみられる。また、ハカマカズラ属、トケイソウ属、ブドウ科の多くの属などのつる植物が陽生の低木に絡んだり、互いに密生し、ジャングルを形成する。さらに林縁や路傍にはウツボカズラ属、ノボタン属、ハスノハヒルガオ属、シダ植物のコシダ属、オジギソウ、オガサワラスズメノヒエ、チヂミシバなどが広く生育している。
 降水量の年間の配分が偏り、乾期と雨期の明らかな地方に発達するのが雨緑林である。雨緑林に生育する樹木は雨期には葉を茂らせ、外観上は熱帯多雨林の樹木とよく似ているが乾期には落葉する。チーク(クマツヅラ科)やユーカリ属は雨緑林の代表的な種である。雨緑林内にはしばしば野火が入るため明るく、イネ科(ウンヌケ属、チガヤ属など)、マメ科(ヌスビトハギ属、タヌキマメ属)の草本植物が多い。
 乾期が5か月以上も続く乾生サバンナや乾期が8~10か月も続く有棘(ゆうきょく)サバンナでは、トウダイグサ科やサボテン科の有棘植物が草原内に散在する。アメリカ大陸には多肉で貯水組織をもつサボテン類が生育し、サボテンサバンナを形成している。このほか、南米ブラジルのカーティンガ、オーストラリアのアカシア類に富んだサバンナなども有棘サバンナに含められる。[奥田重俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の熱帯植物の言及

【観葉植物】より

…しかしその当時,この言葉がどの程度普及していたかは,はっきりしない。 これまで日本の園芸関係者の間でごく普通に使われてきた観葉植物とは,おもに葉や幹・茎の形や色彩・模様が変化にとんだ熱帯植物で,その樹姿・葉姿の美しい鉢植えの観賞植物のことを指していた。このため観葉植物とは熱帯植物であり,冬の寒さに弱い植物というのが常識となってきた。…

※「熱帯植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熱帯植物の関連キーワード乾生植物中生植物アルカリ植物温帯植物湿生植物水中植物陸生植物水産植物熱帯性スプルーつる植物(蔓植物)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熱帯植物の関連情報