コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井有休 さかい ゆうきゅう

1件 の用語解説(酒井有休の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井有休 さかい-ゆうきゅう

1627-1708 江戸時代前期の武士。
寛永4年生まれ。越前(えちぜん)福井藩家老。火事のおり,福井城内東照宮祠を火災からまもった家臣を表彰しようとした藩主松平光通に,ここで賞をあたえると今後,宮祠防火のために焼死する者がでかねないといさめるなど,思慮ぶかかったといわれる。宝永5年9月6日死去。82歳。名は元知。通称は典膳,玄蕃允。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

酒井有休の関連キーワード雨宮政長石川章長大石無人相良宗因死人小左衛門嶋正長庄田安利多賀左近伊達光宗寺村山川

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone