典膳(読み)テンゼン

大辞林 第三版の解説

てんぜん【典膳】

中国で、天子の膳部のことをつかさどった官。
律令制で、内膳司ないぜんしの次官。
律令制で、膳司ぜんしの次官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐ぜん【典膳】

〘名〙
① 令制で、宮内省に属し天皇の食事のことをつかさどった内膳司(うちのかしわでのつかさ)の次官。官位相当は従七位下。定員六人。〔令義解(718)〕
② 令制で、後宮十二司の一つである膳司(かしわでのつかさ)の次官。定員二人。准位は従五位。〔令義解(833)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の典膳の言及

【内膳司】より

…供御(くご)(天皇に供する物)の食事や皇后の食事の調理をつかさどる(供膳は後宮職の膳司がつかさどる)。職員は奉膳(ぶうぜん)(長官)2人,典膳(てんぜん)(判官)6人,令史(主典)1人,膳部(伴部)40人など。飛鳥浄御原令以前から存在した膳職が,大宝令により官人等の食事をつかさどる大膳職(だいぜんしき)と,内膳司に分立した。…

※「典膳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android