酒壺(読み)サカツボ

精選版 日本国語大辞典の解説

さか‐つぼ【酒壺】

〘名〙 を入れるつぼ。酒を入れてたくわえておくつぼ。
※万葉(8C後)三・三四三「なかなかに人とあらずは酒壺(さかつほ)に成りにてしかも酒に染みなむ」
※更級日記(1059頃)「わが国に七つ三つつくりすゑたるさかつぼに、さし渡したるひたえのひさごの、南風ふけば北になびき」

しゅ‐こ【酒壺】

〘名〙 酒を入れる壺。さかつぼ。
※寛斎先生遺稿(1821)一・永日無絃見過賦示「老来欣遇清詩友、病後重傾小酒壺」 〔呉志注‐孫権伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒壺の関連情報