酒泉夜光杯工場(読み)しゅせんやこうはいこうじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

しゅせんやこうはいこうじょう【酒泉夜光杯工場】

中国の甘粛(かんしゅく)省北西部の酒泉(しゅせん)(チウチュワン)市にある、同市の伝統工芸品「夜光杯」をつくる工場、工房。夜光杯は、チベット高原から甘粛省、青海省にまたがる祁連(きれん)(チーリェン)山脈で産出する、玉の原石からつくられる玉杯である。酒を注ぎ月明かりにかざすと複雑な色合いの模様が浮かび上がることから、夜光杯と名づけられた。3000年の歴史があり、古代の周王朝に献上されたともいわれる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android