コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉杯/玉盃 ギョクハイ

デジタル大辞泉の解説

ぎょく‐はい【玉杯/玉×盃】

玉で作ったさかずき。また、さかずきの美称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の玉杯/玉盃の言及

【酒器】より

…鴻門の会で樊噲(はんかい)が飲む卮は四升の大盃というが,容量の単位や当時の酒のアルコール度の低さを考えると額面通りではない。各酒器の漢字でも明らかなように,その素材は木,土,骨角,金属などさまざまだが,やはり玉杯が最高で,象箸(ぞうちよ),玉杯は奢侈(しやし)の象徴とされた。玉杯の実物は戦国時代からあるが,詩になどに詠まれ一般化するのは唐代で,西方からのブドウ酒の流行とも関係してもてはやされた。…

※「玉杯/玉盃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone